FC2ブログ

プロフィール

apple

Author:apple
英語に限らず絵本や読書本の収集が趣味です。
我が家の子供たちが読んだ絵本やORT(Oxford Reading Tree)系リーダー本、がっつり読み物系までの記録です。

ランキング

ランキングに参加しています。

最新記事

幼児英語に使えるリンク

◎ ジョリー・フォニックスUK
Hear the letter sound ページ

フォニックスで習う音の発音がMP3形式でダウンロード(無料)できます。

◎ スカラスティック社(US)HP

クリフォードやディズニー・キャラクターものなど多数出版。 100words kids need to know by 1st gradeなどワークブックの取りそろえも多数。

◎ ハーパー・コリンズ社(UK)児童書HP

ドクター・スース(UK版)、ダレン・シャン(UK版)などの出版社。

◎ ランダム・ハウス社(US)HP

Magic Tree House、セサミ・ストリート、ドクター・スースなど。

◎ ピアソン・ロングマン社(Jp)HP

Penguin Graded Readers(ペンギン・リーダーズ)シリーズでレベル毎に分かれた読書本が豊富。HPには年齢別、カテゴリー別での本の情報が見れるのでお薦め。
子供向けにはORT系のRigby Starリーダー・シリーズも豊富です。

☆☆☆☆ オススメ!☆☆☆☆


◎ Seussville(ゲーム・無料)

おなじみドクター・スースのキャラクターでゲームも楽しめます。英語音声つき。 英語レベル:初級からOK.

◎ Magic Tree House(無料アクティビティ&ゲーム)

マジック・ツリー・ハウスの本編に関連したゲーム。 ジャックとアニーがナビゲーター役でお話してくれるので、 リスニングの練習にも使えます! (注:サイト利用には無料会員登録と保護者のメルアドが必要。)
英語レベル:MTHシリーズが自力で読めて理解できるお子さん向け。

◎ Word World(無料ebooks・ゲーム)

おなじみワード・ワールドのキャラクターが話しながらアクティビティを進めてくれます。
英語レベル:アルファベットが理解できるお子さん向け。


◎  Mother Goose Club

このHPでは子供たちに人気のあるナーサリー・ライムのビデオや歌が無料で視聴できます。歌のページでは歌詞も付いているので画面を見ながら一緒に歌えます。

*amazon.co.jpのMother Goose Club Sings Nursery Rhymes ページなどからもMP3形式で曲を視聴・購入できます。
英語レベル:初級から。


◎ STORYNORY(ストーリー・ノーリー)無料
クラシック物語、オリジナル、ギリシャ神話や早口言葉集などをオンラインで聞けます。iTunesからのダウンロードも出来ます。Juniorセクションにはナーサリー・ライムの音声なども聞けます。
(注:パソコンによっては画面のPlayボタンでは動かない場合があります。その場合はスピーカーの絵部分をクリックすると別画面が出てきて音声を聞くことが出来ます。)

◎ Math Is Fun英語で算数が学べるサイト。普段の生活ではあまり使わない算数用語がたくさん出てきます。実社会で使える英語を身につけるためには教科ごとの専門用語も必須になってくるので是非ご活用ください。


◎ クリスマス洋書絵本特集(楽天ブックス)

◎ クリスマス英語絵本特集(アマゾン)

◎ お薦めクリスマス絵本(日本語)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

知育・教育





DATE: CATEGORY:クリスマス

クリスマス時期にお薦めの英語読み聞かせ絵本



ライミング(韻を踏んだ)英語絵本




The Gruffalo(グラファロ)やRoom on the Broom
おなじみのジュリア・ドナルドソンの、
クリスマス時期にぴったりな英語絵本、

Stick Man
Stick Man



対象:読み聞かせなら2,3歳児ぐらいから、
自分で読むなら5,6歳児ぐらいから。
一人で読むならORTステージ6程度のお子さん向け。

☆☆☆☆☆



ジュリア・ドナルドソンの絵本には、どのお話でも
英語のライム(韻)がたくさん詰まっているので
非常に英語のリズムが良く、
英語初級の幼児から大人まで、
声に出して読むのに最適です。

この「スティック・マン」のお話はクリスマスの時期にぴったりの
心温まるお話です。


スティック・マンは愛するスティック・レディ・ラヴと3人の子供スティック達とともに
ファミリー・ツリー(という木の家)で幸せに暮らしています。

ある日、(One day)
早起きしたスティック・マンはジョギング(Jog)しに出かけました。

スティック・マン、スティックマン、犬に気をつけて!(Beware of the dog)

そういっている間に、スティックマンは犬に咥えられ、投げられ、
そしてまた咥えられと、散々な目にあいます。

やっと犬から離れて自由になったと思ったら、
今度は女の子につかまります。

子供たちは橋の上から河に棒をなげ、どの棒が早いか競争するのです。

スティック・マンは途中、白鳥(Swan)にくわえられ、
巣の一部にされてしまいます。

白鳥の雛たちは成長し、巣が放置されたころ、(Deserted)
巣の一部に絡み付けられていたスティックマンは
どんどん流されて見知らぬ海辺にたどり着きます。

今度は鋤(Spade)を持ったお父さんが、
スティック・マンを拾い上げ、砂のお城のマストにしてしまいます。

その後もスティックマンの災難は続きます。
騎士(Knight)の剣(Sword)や
かばんをぶら下げるフックになったり
土の上でお絵かきをするペンになったり、
弓矢の弓(Bow)やバット(Bat),ブーメラン(Boomerang)にまで
させられ、季節は移り変わり
しまいには雪が降り始めます。

雪だるまの腕にさせられたスティックマン、
雪は解けても、家と家族から遠くはなれた寂しさは変わりません。

スティックマンは疲れて(Weary)、
雪の上で居眠り(Doze)しはじめました。

人々は寝ているスティックマンを薪にしようと持ち帰り、
暖炉の鉄格子(Grate)の上に横たえます!

誰か、スティックマンが燃やされてしまうまえに起こさなくては!

と、頭上でなにやら音がしました。

「ほっほっほう!わしゃ、ひっかかって(Stuck)しもうた!」

煙突のなかで身動きできなくなっていたスタック・マンの正体は・・・!





災難続きのスティックマンですが、
読み聞かせるうちにスティックマンを応援したくなってしまう
楽しいお話です。


ジュリア・ドナルドソンの文章なので無理なく自然に
必ず韻が踏まれているところ
も、
英語のリズムを体得したい学習者にとっては
ポイントの高いこの絵本。

韻を踏んでいる例)
Excellent stick, right kind of stick,
for my favourite trick

Kept on the lead,
Stick Man is freed,

Why can't they see,
I'm Stick Man, that's me
I long to be back in the family tree

a spade in his hand,
beware of the sand



また、終盤に”Stick Man"と掛け合わせて”Stuck Man"が出てくるところも
笑わせてくれます。


スティックマンが無事に家族のもとへ戻れる場面では
クリスマスは家族そろって迎えるもの、という欧米の習慣も
上手く表されているんじゃないかと思います。

英語学習面では
韻を踏んだ箇所を探すアクティビティや

児童英語中級程度の生徒さんむけには
会話部分とナレーター部分を何人かで分担し、
英語劇をするのも楽しめるかと思います。




英語を学び始めた、特に小さいお子さんのころから
ぜひ英語の美しいリズムをたくさん聞かせてあげてください。


参考:以前アップしたジュリア・ドナルドソンの英語絵本紹介記事;
The Gruffalo(グラファロ・もりでいちばんつよいのは?)
The Gruffalo's Child(グラファロのおじょうちゃん)
Room On The Broom(まじょとねこどんほうきでいくよ)
Tiddler




こちらはYoutube版、ジュリア・ドナルドソン本人によるStick Man読み聞かせ動画。
絵本のご参考まで。

















関連記事

タグ : 小学校英語 幼児英語 絵本 クリスマス

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © おうちで英語育児〜おすすめ英語絵本を使っての英語子育て記録 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ